筋肉量を増やすには

筋肉量を増やすとなると、ただがむしゃらに運動をしようとする人がいます。確かに運動は効果的なのですが、効率良く対策を行うには、筋肉の破壊と回復について理解しなければなりません。

運動によって負荷をかけると筋肉が破壊されるのですが、その後に一定期間の休みを取ることによって、回復させながら成長も促すことができます。

ですから、運動によって筋肉量を増やす場合には、2~3日おきに実践することが大切です。また、取り入れる運動は、少し負荷のかかるものにしないと意味がありません。

ウォーキングのような緩やかな運動よりも、筋トレのような強い負担をかける運動の方が効率的ですので、筋トレを導入してできるだけ追い込むようにします。

その他、筋肉量を増やすためには食事も大事です。必要な栄養素をしっかりと摂らないと、運動の効果も限定的になります。

タンパク質や炭水化物や脂質は、特に筋肉を作り出す働きに影響を与える部分ですので、バランス良く摂取することが大切です。

動物性タンパク質はカロリーの高いものが多いので、体重の増加が気になってしまう人もいるかもしれませんが、白身の魚やささみなどを上手く活用すれば、低カロリーで高タンパクの食事が取れます。

j1

筋肉量を増やす食事の摂り方

筋肉量を増やしたい時でも、体脂肪はつけたくありません。脂肪をつけずに筋力アップを図る場合、食事面からのアプローチが重要になります。

筋肉量を増やす際に、積極的に摂取したい栄養素の一つにタンパク質があります。牛肉や豚肉などの肉類や魚、卵に多く含まれていて、カロリーが高いものも多いので、敬遠されてしまうこともあります。

ただし、鶏のササミならカロリーが低いので体にも良いですし、植物性タンパク質の大豆製品を摂るという方法もあります。白米やうどんなどの炭水化物も、実は筋肉量を増やす食事を摂る時にはとても重要です。

GI値が高いのでダイエット中には制限する人もいますが、適正範囲なら問題はありませんし、摂取することで食後の腹もちも良くなります。

玄米や五穀米も栄養価が非常に高く、消化吸収に時間がかかりますので、満腹感を長く維持したい時に最適です。他にも、脂質は筋肉量を増やす食事に欠かせません。

脂質は青魚やアーモンド、オリーブオイル、エゴマ油などに豊富に含まれています。そのまま摂取するのは難しいものもありますが、調理の際に取り入れることが可能ですので、摂取するのはそれほど難しくありません。

これらを、他の食材もあわせてバランス良く摂取することが大切です。

j2

筋肉量を増やすには運動が必要不可欠

くびれたウエスト、メリハリのある脚は女性なら誰もが憧れますし、永遠の目標でもあります。

今年の夏こそは絶対にモデル体型を目指して頑張る!とダイエットに挑戦しても、なかなか自分の思った通りに痩せられなかったり、痩せてもすぐにリバウンドしてしまったという人は多いものです。

食事制限のみのダイエットは、確かに手軽で取り組みやすいという点が挙げられますが、これはからだに必要な栄養素が不足してしまって、ダイエットに必要な筋肉量までも落としてしまう結果になるので、あまりお勧めはできません。

運動は辛いから絶対に避けたいと考えてしまうものですが、やはり健康的に美しく痩せるためには筋肉量を増やすことが大切なのです。

筋肉量を増やすことによって新陳代謝が高まるので、1日の消費カロリーが大幅にアップしますし、食べても太りにくい体質を作ってくれます。

また、運動を行うことでダイエット効果はもちろん、冷え性の改善や便秘解消、免疫力の向上、美肌効果など、女性には嬉しい効果もたくさん得ることができるのです。

筋肉量を増やすためには筋トレやウォーキングなどの運動を継続して行う必要がありますが、続けることによって理想のからだに近づくことができるのです。

j3

女性が筋肉量を増やすためのアドバイス

女性は、30代、40代と年齢を重ねるごとに、筋肉量が減少してくるため、代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

日頃から運動不足気味の人は、いきなり激しい運動をすると体に負担が大きくなるため、避ける必要があります。体に負担を掛けずに筋肉量を増やしたい人は、ゆっくりとした動きで筋肉に負荷を掛けるスロートレーニングをお勧めしたいです。

スロートレーニングは、ゆっくりと体を動かすことで筋肉を鍛える効果があるため、機械やダンベルなどを使ったトレーニングをした時と同様の運動効果が期待できます。

筋肉量を増やすためには、少しずつ筋肉に負荷を掛けることで、体内に乳酸が発生しやすくなり、成長ホルモンの分泌を促すことが大事です。

女性が筋肉量を増やすためには、プロテインなどを服用したり、赤身の肉類や大豆食品、卵、新鮮な魚介類などのたんぱく質をきちんと摂取することが大事です。

女性が筋肉量を増やすことで、基礎代謝が上がり、太りにくい体質になれますし、足腰を鍛えられるので、転倒による怪我などを防ぐ効果が期待できます。

日頃からデスクワークや家事が中心の人は、運動不足になりがちなので、無理のない運動を続けましょう。

j4

誰でもできる!トレーニング方法

モデルや芸能人のようなスタイルを目指してダイエットに取り組むも、自分の理想通りに痩せなかったり、元の食事に戻すとすぐにリバウンドをしてしまったという人は案外多いものです。

確かに食事制限によるダイエット方法は手軽に行えますし、お金もかからないというメリットがありますが、これはからだに必要不可欠な栄養が十分に摂れなくなるので、やつれて不健康に痩せてしまうのです。

また、同時にダイエットに必要な筋肉まで落としてしまうので、この方法で痩せたとしてもリバウンドをしやすく、痩せにくい体質に変わってしまいます。

やはり、健康的に痩せるには筋肉量を増やすトレーニングが必要不可欠です。筋肉量を増やすことにより太りにくい体質を改善できますし、日常での動作ひとつひとつの消費カロリーも大きくなります。

筋肉量を増やすトレーニング方法は、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動に加え、筋力トレーニングを行うことです。

有酸素運動と無酸素運動を行うことで効率よく脂肪を燃焼させることができますし、継続することによってからだ全体が引き締まってきます。

トレーニングは1日や2日で効果は出ませんが、続けることで必ず結果が見えてきます。

j5

その他のサイトの掲載

筋肉量を増やすのも楽ではありません。

継続することも大事ですし、食べ物にまつわる知識も持っていることが重要な部分もあります。

プロテインはよく知られていることかと思いますが、それだけではなく、筋肉サプリの情報を収集しても良いかもしれませんね。